巷で人気のInstagram、通称インスタで好きな人や職場の同僚のアカウントを見つけたとき、気になるのが足跡機能です。
フォロー外の自分がこっそり見ていることが相手にバレていたら、ちょっと気まずいですよね。
インスタには足跡機能があるのか、あるとすればどのようなことが相手にバレるのかを解説します。


インスタアプリにmixiのような足跡機能はない

足跡機能のあるSNSといえば代表的なものはmixiです。
mixiは相手と相互フォロー関係になっていると、日記などの投稿にアクセスした場合、しっかり足跡が残ってしまいます。

一方、インスタに足跡機能があるのかないのか、率直にいえばインスタアプリには現在のところ、足跡機能はありません。
スマホのインスタアプリからフォローしていない人のアカウントを検索して、その人の投稿している画像や動画を見たとしても、相手にはそれがバレないのです。
勿論、フォローしている相手であっても、投稿画像や動画を何度見たってそれが相手にバレてしまう心配はありません。

だからこちらがフォローしていなくて相手もこちらをフォローしていない場合でも、こちらが相手を一方的にフォロー(またはその反対)していても足跡はつきません。
フォローフォロワーというお互いにフォローしあっている関係であっても足跡はつかないので、安心してください。

スポンサードリンク

ただ、相手の投稿にいいねを押したりストーリーやライブ動画を見ると、こちらが相手をこっそり見ていることがバレます。

まとめると足跡がつかない行動は「投稿画像・動画、プロフィールを見る、投稿画像・動画を保存する、投稿をシェアする」というものです。

また、足跡のかわりとなるインスタ関連サービスが過去に存在していました。
例えば「WEBSTA(旧WEBSTAGRAM)」はPCからも利用可能なインスタ分析サイトです。

https://websta.me/account

もしも自分も相手もWEBSTAを利用しており、その上で相手のインスタアカウントを見た場合、「ユーザー名+visited your page」として相手に知られてしまいます。

「ユーザー名+visited your page」は、「○○というユーザーがあなたのページにアクセスした」というお知らせです。
しかし現在WEBSTAは参照不可となっています、それでも心配ならばWEBSTA経由ではなく、インスタ公式アプリで相手のアカウントを閲覧しましょう。

他にも「インスタの足跡がわかる」なんて謳い文句のついたインスタ関連アプリもありますが、これらは本当に足跡がわかる機能のあるアプリではありません。
いいねされた数だったり、アクセスカウントだけがわかるようなアプリなのです。
現在のところ、純粋に足跡のわかってしまうアプリは存在しないと考えていいでしょう。

インスタに足跡機能はないが検索履歴は残る

インスタで誰かのユーザーアカウントを検索したとします。
そうすると、相手側にこちらが検索したことがわかるような足跡は残らないものの、その検索履歴が自分のところに残ってしまいます。

例えば「#(ハッシュタグ)○○(閲覧したいユーザーのアカウントID)」や「○○(アカウント名)」で検索したとすると、その履歴が自分のページには残るのです。
だから相手が自分のインスタアカウントの検索履歴を確認した場合、自分が相手のアカウントを見ていることがバレます。

検索履歴を消したい場合はプロフィール画面→右上の設定アイコン→オプション画面の「検索履歴の削除」で消すことが可能です。
「検索履歴の削除」はオプション画面の一番下にあります。
「よろしいですか?」と確認メッセージが出るので、「はい」をタップするとこれで検索履歴が消えます。

また、一部の検索履歴を個別で非表示にすることも可能です。
上位検索結果、ピープル、ハッシュタグ、スポットと4つの検索画面がありますが、消去できるのは上位検索結果、ピープルの「おすすめ欄」ユーザーとスポットです。
上位検索検索とピープルの「最近」の検索履歴やタグ、スポットの履歴は現在のところ非表示にできません。

一部の検索履歴を個別で非表示したい場合は、検索画面のところで長押ししましょう。
すると「非表示にする ○○(非表示にするもの)」と、その下に「非表示にする」という選択ボタンが出てくるので、それを押せば非表示設定ができます。

スポンサードリンク

インスタのストーリー機能は足跡がついてしまう

最初に「インスタアプリに足跡機能はない」と記載しましたが、実は足跡がわかる機能が追加されたのです。
それはストーリー機能、ストーリーは24時間限定の画像・動画投稿機能です。

「投稿画像・動画、プロフィールを見る、投稿画像・動画を保存する、投稿をシェアする」という行動では、こちらが相手を見ていることはバレません。
しかしストーリー機能は、ストーリーを見たユーザーは誰であるかが相手にわかってしまいます。

ストーリーはアイコン枠が虹色になっているときにアイコンをタップすると、自動的にストーリー画面へ移動してしまうのです。
相手の投稿をこっそり見ていることがバレないようにしたいなら、自分とはわからないような別アカウントを作ってそちらから閲覧することをおすすめします。

ストーリー以外にも相手に投稿を閲覧していることがバレる可能性の高い機能があります、それはライブ動画の視聴です。
ライブ動画を見ているユーザーアカウント名が、画面の左下にリアルタイム表示されてしまうのです。
こちらも閲覧したいのであれば、別アカウントを作成することがおすすめです。

スポンサードリンク

普通の投稿閲覧なら足跡は残らない

インスタアプリには実質、足跡機能はありません。
そして「投稿画像・動画、プロフィールを見る、投稿画像・動画を保存する、投稿をシェアする」という行動ではこっそり見ていることは相手にバレません。
しかし「いいねを押す、ストーリー、ライブ動画の閲覧」といった行動をすると、相手の投稿を見ていることがバレてしまいます。

こちらが相手のアカウントを知っていることを相手は知らないという場合、バレないためには自分に関連付けられないような別アカウントを作ることがおすすめです。
見ていることがバレると気まずい相手のアカウントをどうしても見たいというときは、十分注意してインスタを利用しましょう。