1950年台から新聞で連載が始まって以来世界的に愛されているスヌーピーのキャラクターや仲間について本記事ではご紹介していきます。


スヌーピーのメインキャラクター

ここではスヌーピーに登場するメインキャラクターについてご説明していきます。

▲スヌーピー
想像力が豊富で常に自信に溢れているスヌーピー。
変装が趣味でジョー・クールになっている時は、誰とも群れずいつも超然とした姿に皆があこがれるようなカッコイイやつになります。

一方でドッグハウスの屋根で思いふけっているときは、アメリカ文学の大作を描いたりとスケールの大きいことばかりしていますが、その一方で隣の猫に復讐をもくろんでいる一面があります。

スポンサードリンク

▲チャーリー・ブラウン
チャーリー・ブラウンはスヌーピーの作品の主人公とも言える人物です。
全試合に出場するも一度も勝てない野球チームのマネージャーでもあるチャーリーは、妥協することを知らない勇敢な男の子です。

また父親の職業は作者チャールズ・シュルツの父親と同じ床屋を経営しています。

■スヌーピーの仲間達をご紹介!!
下記ではスヌーピの仲間についてご説明していきます。

▲ウッドストック
1番小柄だけど存在感が強いウッドストックは、スヌーピーの1番の親友です。
パタパタと飛びながら時折なにかを言っているウッドストックは第一次世界大戦ではビーグル長官の秘書としていつも側にいます。
また、そのさえずりはスヌーピーにしか理解ができずいつも一緒にいる仲です。

▲サリー
チャーリー・ブラウンの妹であるサリーは、学校になぜ行かなければいけないのか等世界の仕組みにいつも疑問を抱いています。
いつも読者を泣かすような存在の彼女はこちら側の当たり前の常識に気づかせてくれるものがあります。

▲ルーシー
ライナスとリランの姉であるルーシーはいつも威張っています。
いつも不機嫌な顔をしておりお金をもらって精神分析のアルバイトをしているなど大人顔負けの一面をもっています。

▲ライナス
ルーシーの弟であるライナスはいつも指をしゃぶっていますが、周りに優しい言葉をかけており、非常に理性的な男の子です。
その反面で人に失望する時には誰よりも苦しむ素振りを見せておいるなど哲学的な思考をもっています。

スポンサードリンク

スヌーピーの兄弟を紹介!

下記ではスヌーピーの兄弟達をご紹介していきます。

▲スパイク
髭と帽子がトレードマークのスパイクは荒野の砂漠で暮らしており不動産を営んでいます。
サボテンと話したり、スヌーピに手紙を書いたりしている彼の自慢は、ハリウッドに遊びに行った時にミッキーマウスに会ったことです。

また、彼は過去に猟犬として人間に飼われていた経験もあり、過去にはスヌーピーの婚約者と駆け落ちしたことがありますが現在では1番仲のいい兄弟です。

▲オラフ
スヌーピーの兄弟の中で一番太っているのがスヌーピーの弟オラフです。
醜い犬コンテストで優勝した経験があるほど不細工ですが本人は太っていることも不細工だということも理解できない様子です。
また彼は兄弟思い出スパイクを探す旅に出かけた過去もあります。

▲ベル
ぱっちりおめめと長いまつげが特徴の唯一の女の子ベルはスヌーピーの妹です。
カンザスに暮らしており子供もいますが、過去にはヤクザ犬と付き合っていた経験があることも判明しています。

▲アンディ
スヌーピーともっとも顔が似ているのがこのアンディです。
オラフと最も仲の良いいつも一緒にたびに出かけていますが方向音痴のためいつも迷子になってしまいます。

▲マーブルス
スヌーピーと最も中の悪いのがこのマーブルスです。
スヌーピーの変装癖がまったく理解できず性格も合わないため放浪の度に出かけ現在は消息不明になっています。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしょうか。
世界的に有名なスヌーピーは意外と奥が深い内容となっており、大人になればなるほど感銘を受ける内容となっています。

まだ観たことのない人はもちろん、久しぶりに観てみると昔とは違う視点から観ることができるので是非観ていただければと思います。