スマートフォンを持っているけどあまり音楽を聴かない人には、ラジコがおすすめです。

スマートフォンにイヤホンを繋げてラジコのアプリを立ち上げれば、電車やカフェでも自由にラジオを楽しむことができます。

この記事では「ラジコ(radiko.jp)」についてフォーカスし、スマートフォンでラジオを聴くための方法や魅力的な機能について紹介します。


気軽にラジオが楽しめる「ラジコ」とは?

ラジコは、パソコンやスマートフォンなどの端末を通してラジオが聴けるサービスです。高層ビルによる受信環境悪化の対策や、若年層の聴取率向上を目的に、2010年4月からサービスが始まりました。

インターネット環境があれば、生活スタイルに応じてさまざまなシーンでラジオを楽しめるのが魅力。ユーザーの今いるエリアで放送しているラジオ局であれば、お金を払わず無料で番組を聴くことができます。

スポンサードリンク

有料サービスとして、2014年4月からは月額350円の「radiko.jp プレミアム」がスタートしました。プレミアム会員になると「エリアフリー機能」が使えるようになり、日本全国の番組が聴取可能となります。

無料だと現在地の放送局のみなので、例えば地方住まいで東京の放送局の番組が聴きたい人や、逆に上京した人が地元の番組を聴きたい場合などのニーズに応えています。

ラジコを使ってスマートフォンでラジオを聴くメリット

ラジコは、基本的に登録などの手続きは一切必要ありません。iPhoneでもAndroidでも、「radiko.jp」のアプリをダウンロードすれば使うことができます。

スマートフォンで聴くことのメリットとして、インターネットや携帯電話回線を使って配信しているため、従来のラジオよりも雑音が少なくクリアな音質でラジオを楽しめます。

また、アプリ上で番組情報を確認でき、タイムスケジュールや番組に関するSNSでのつぶやき、オンエア楽曲まで気軽に見られるのがスマホならではの醍醐味。さらに気になったオンエア曲があった場合は、iTunesやアマゾン、レコチョクからスムーズに購入することができます。

注意点としては、スマートフォンの電波状況に準じているということ。携帯電話やWi-Fiの電波が届きづらい場所では、音声が途切れ途切れになったり聴けなくなることもあります。

また、電波環境が良い場所でも実際の配信と数秒前後のタイムラグは起こるので、時報などに正確性は求めないほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

ラジコは録音ができない代わりに「タイムフリー」で過去番組を聴ける

無料会員、プレミアム会員にかかわらずラジコに録音機能は搭載されていません。そのかわりに、2016年10月より「タイムフリー」という機能が実証実験という名目で追加されています。

タイムフリーは、過去1週間以内に放送された番組であれば、好きなタイミングで後から聴くことのできる機能です。気になる番組だけど深夜帯のため聴けなかったり、聴きたかった番組を逃してしまった場合もタイムフリー機能で解決します。

タイムフリーは全てのユーザーが使用可能なので、無料会員でも使えるのが魅力。タイムフリーで聴取を開始してから24時間以内なら、合計3時間までその番組をいつでも聴取できます。

ただし、一部のタレント出演番組やスポーツ中継など、まれにタイムフリーで聴取できない番組もあるので注意が必要。とはいえほとんどの番組がタイムフリーに対応しています。

1週間以内ならいつでも聴けるというメリットの他に、面白いと思った番組を後から友だちにシェアできるのもタイムフリー機能の長所です。

まとめ

いつでもどこでも聴けるだけでなく、過去1週間以内の番組を再生できるラジコは非常に魅力的なサービスです。

実際にラジコのサービスが開始したことで、多くの人にとってラジオが身近な存在になったと言えます。

勉強中や仕事中、旅行の移動中など、幅広いシーンでラジオを楽しめるのがラジコの魅力ですね。