エプソンのプリンターは国内トップレベルのシェアがあるだけでなく、海外にも輸出されています。業務用のプリンターのプリーターやレーザープリンターにも力を入れているのが特徴で、その品質が高く評価されています。
一般家庭向けの複合機なども人気で、エプソンのプリンターがあるという家庭も珍しくないのです。


エプソンのプリンターは国内シェアが非常に高い

エプソンのプリンターの国内シェアは非常に高く、常にキャノンとトップ争いを繰り広げています。エプソンとキャノンがプリンターの二大メーカーとされるケースは珍しくなく、国内のトップブランドとして広く知られています。
エプソンは業務用のプリンターやレーザープリンターに力を入れているのが特徴で、技術力が高く評価されています。2017年はインクジェットプリンターの販売拡大を発表したことが話題にもなりました。

スポンサードリンク

エプソンはプリンター分野で国内トップだった期間が長かったものの、採算性の見直しなどからトップの座をキャノンに明け渡したという経緯があります。その後もライバル関係を築いていて、プリンターだけでなくインクなどの消耗品も含めた開発競争をおこなってきました。
良いライバル関係になっているからこそ、今後のシェア争いにも注目が集まっているのです。

専用のインクを評価する声も多い

エプソンのプリンターには専用のインクを使う必要があります。インクのつめなおし品なども販売されていますが、プリンターが正常に読み取れないリスクがあります。また、発色に問題が出る可能性もあるため、安心して使いたいのであれば正規品を利用するのがおすすめです。

エプソンのプリンタの発色や色持ちのよさを評価する声は多く、エプソンの特徴にもなっています。独自開発によって誕生した『つよいんく。』でプリントをした印刷物は、アルバム保存で200年程度は保存が可能という驚異的な耐久性を持っています。光に当たっても劣化しにくい特性があるため、部屋などに写真を飾りたいときにも重宝します。

このように色持ちの良さと発色の良さが両立していることも魅力です。
エプソンのインクジェットプリンターは、高性能なものほど利用するインクの種類が増えるため、正しい発色を目指すのであればセットで揃えることが大切になります。

エプソンのドライバーは公式ページからダウンロード可能

エプソンのプリンターを動かすためにはドライバーと呼ばれるプログラムを入手する必要があります。新しいプリンターはネットワークから自動でダウンロードするように設定されているケースが多く、ドライバーのことを詳しく知らない人でも簡単に利用できます。
しかし、ネット環境が整っていない場合や、古いプリンターを利用している場合、あるいはパソコンのセキュリティなどの関係で自動ダウンロードができない場合はドライバーを手動で入れる必要があります。

ドライバーはプリンターに付属しているCDから読み込むほか、エプソンの公式サイトからもダウンロードできます。トップページ右上の『サポート&ダウンロード』を選択し、『ドライバー・ソフトウェアダウンロード』、製品カテゴリーの選択などを経由して、自分の盛っているプリンターのドライバーをダウンロードすればプリンターが動くようになります。
サポート&ダウンロードから型番で検索することも可能になっています。

スポンサードリンク

エプソンのプリンターは普及していることが魅力

エプソンのプリンターは日本トップレベルのシェアであり、専用のインクなども手軽に購入することができます。ドライバーなどの情報更新もこまめで、長く使い続けることが魅力です。
新しくパソコンを買い換えたり、OSを更新するとプリンターが動かなくなるケースもありますが、まずはドライバーを入れなおしてみると改善することがあります。
ダウンロードのためのサポートも整っていて、非常に使いやすいのです。