都心部から近く、歴史ある遊園地として市民から愛される「としまえん」。遊園地としての魅力はさることながら最近では遊園地とは別のコンテンツに注目されることもしばしば。そんな多くの顔を持つ、としまえんの魅力に触れていきます。


遊びがたくさん詰まった、小さいお子さんでも楽しめる遊園地

東京は練馬区にある「としまえん」は多くの人に愛される、子供から大人まで楽しめる老舗遊園地です。
様々なアトラクション、ふれあいペットガーデン、フィールドアスレチック、夏場のプールなどなど、大満足の遊びがたくさん詰まった遊園地です。

アトラクションは小さいお子さんでも楽しめるものもあるので安心。身長90cmから保護者の付きそいがあれば「ミニサイクロン」や「ミニフリュームライド」などのアトラクションに乗ることができます。せっかく遊園地に行ったのに子供の身長制限にひっかかってしまって乗れなかったなんて悔しい思いをすることはありません。

スポンサードリンク

歴史のあるところも、としまえんの魅力の一つ。世界的に貴重なものとして機械遺産に登録された回転木馬「カルーセルエルドラド」は1度は乗っておきたいアトラクションです。

彫刻はすべて木製の手彫り、馬の表情ひとつひとつが違っていて愛おしくなってしまいます。そして夏場はなんといってもプール。波の起こるプールや流れるプールなど小さいお子さんでも楽しめるプールから、水の絶叫マシンと呼ばれるハイドロポリスなどのスリリングなものまで。充実のプールエリアは夏だけの限定です。

としまえんでひとしきり遊んだあとは、としまえんに隣接した温泉施設「庭の湯」で汗を流して帰るのもおすすめ。都内では珍しい天然温泉でゆったり体の疲れを癒すことができます。

プールからフィッシングエリアに早変わり!

冬季はとしまえんのプールが管理釣り場へと早変わり。都心から電車で行く釣り場となると億劫になるほど遠かったりしますが、そこはとしまえん。
新宿から都営大江戸線で直通20分、最寄りの豊島園駅からは徒歩1~2分程度という絶好のアクセスです。

初心者や女性の方でも足場が良いので釣りがしやすいのもポイント。家族で、カップルでと気軽に行ける釣り場となります。釣れる魚はニジマスなどのトラウト、イワナ、練馬サーモンなど、特に練馬サーモンは大型が釣れた実績があり最高は87センチという記録もあるのだとか。

釣り方としては餌、ルアー、フライの3種から。初心者の方には一番釣りやすい餌釣りがおすすめですが、レクチャーをしてくれる経験者の方と一緒ということであればルアー釣りやフライフィッシングも新鮮で楽しいかもしれません。もちろん道具はレンタル可能なので手ぶらでも大丈夫です。釣った魚は土日祝祭日に限り魚焼き場が利用できるので釣った魚をその場で食べるという釣りの醍醐味を味わうこともできます。

としまえんフィッシングエリアは、いつもと違うアクティブな休日を過ごしたいと思っている方、都心に住んでいる方で釣り場を探しているという方にぴったりです。

スポンサードリンク

としまえんにはコスプレの聖地としての一面も

実はとしまえんはコスプレの聖地でもあるのです。ジャパンコスプレフェスティバルというコスプレイベントが開催する場所でもあり、初心者のコスプレヤーでも参加がしやすいよう配慮がなされています。

スタッフの方が親切であったり、多くのコスプレイヤーと交流が出来たりと、としまえんでコスプレデビューしたという方も多いようです。開放感があり遊園地という普段なかなか撮れないシュチュエーションでの撮影にはワクワクしそうです。

人気撮影スポットはメリーゴーランドや洋館など幻想的な写真が撮れる場所。乙女ゲームやデート風な写真を撮って楽しむには最高のイベントです。

スポンサードリンク

ただの遊園地ではない「としまえん」
としまえんは多くの魅力的要素を持つ遊園地です。小さいお子さんから大人まで楽しむことができる事はもちろん、時には釣りを楽しむ方、時にはコスプレを楽しむ方と、様々な人に開かれた場所でもあります。夏のプールのイメージが強かったとしまえんですが今では多くのコンテンツを持つ遊園地として注目されるスポットとなりました。