覚えておくと便利なヤマト運輸の宅配サービスの使い方

企業

荷物を届けてもらうのにヤマト運輸の宅配便のお世話になっている人は多いと思います。
その中でもこれだけは覚えておくと便利なサービスをこれから紹介します。
今後ヤマト運輸の宅配便を使う時でも役に立つ事ばかりです。


スポンサードリンク

ヤマト運輸の荷物を追跡したい時は?

ヤマト運輸では送り状番号さえ分かっていれば荷物を追跡する事は可能です。
現在ヤマト運輸で荷物を追跡するなら2つの方法があります。

荷物お問い合わせシステムを使う

ヤマト運輸のホームページでは荷物お問い合わせシステムから荷物を追跡する事が出来ます。
番号を入力すれば現在の荷物の発送状況が分かるのでどの営業所まで来ているのかや発送中なのかを確認出来ます。
ただし発送して間もない場合だと情報が反映されるのに時間がかかりシステム上では未登録扱いとなっていて確認出来ない時があります。
お問い合わせから確認したい時は発送から数時間経ってから確認した方が良いです。

サービスセンターや配達担当の営業所へお問い合わせする

サービスセンターや営業所へ直接問い合わせて荷物を追跡する事も出来ます。
サービスセンターの番号は各都道府県で違うので住んでいる自治体に合わせてサービスセンターを見つけ電話をかければサービスセンターから追跡も可能です。
また営業所の電話番号が分かっていれば営業所の方でも追跡する事が可能なのでサービスセンターに繋がりにくい時は営業所にかけて問い合わせて貰う事も出来ます。

ヤマト運輸で荷物を集荷してもらいたい時は?

荷物を送りたい時は集荷をする事も出来ます。
ですが集荷してもらう前に自分で荷物を作っておかないといけません。

集荷以来の前にまずは荷物を作る

送りたい荷物はダンボール等に梱包します。一般的な無地のダンボールでも構いませんがどうしても工面出来ない時は包装資材が荷物の大きさに合わせて販売されておりヤマト運輸の方でダンボールも用意して貰う事も出来ます。

送り状を貰う

梱包が終われば後は送り状を荷物に貼って集荷依頼をするだけです。
送り状を貰うには現在は4つのやり方があります。
1.営業所やコンビニ等の取扱店で貰う
2.自分のパソコンから印刷する
3.集荷依頼をする際に持ってきて貰う
4.LINEやアプリで作った送り状を営業所で印刷してもらう

電話で集荷依頼をする

サービスセンターや営業所へ直接電話し自宅まで荷物を集荷してもらう事が出来ます。
電話が入り次第担当ドライバーが荷物を取りにご自宅までお伺いしますので後は指定時間内にいつドライバーが来ても良い様に荷物を準備するだけで集荷は完了です。

スポンサードリンク

営業所や取扱店へ直接持ち込む

近くにヤマト運輸の営業所がある場合は電話で集荷依頼をせずとも直接持ち込んでその場で集荷を申し込む事が出来ます。
何時まで受付けているかは営業所の営業時間次第ですが24時間営業している営業所や取扱店も存在する為そちらへ持っていけば深夜や早朝でも集荷依頼をする事が出来ます。

インターネットから集荷依頼をする

ヤマト運輸のホームページからでも集荷依頼をする事も可能です。
送りたい場所(日本国内・空港・ゴルフ場・スキー場・宿泊施設)を選択後に集荷依頼主の住所、利用する宅配便の種類、集荷希望日時を入力します。
入力完了後に送り状のご用意の準備確認にチェックを入れ備考が無ければ入力内容を元に集荷依頼が完了します。

ヤマト運輸で再配達したい時は?

指定時間内に受け取る事が出来なくなった場合でもヤマト運輸で再配達を受ける事は出来ます。
現在は4つのやり方がありますが共通して言える事ですが再配達を依頼する際には送り状番号の控えが必要になりますので必ず準備しておきましょう。

電話から再配達依頼をする

電話で直接サービスセンターや担当営業所の方へ再配達の連絡を依頼する事が出来ます。
また担当ドライバーの方にも連絡する事は出来るので荷物が既に持ち出し中の場合でもドライバーの方に電話をかけて本日の荷物のお届けを中止して違う日に再配達してもらえます。

ホームページから再配達依頼をする

再配達はホームページからでも依頼は出来ます。
再配達の依頼のページへ進み送り状番号入力後に再配達依頼へと進みます。
その際に受取場所が自宅以外にも営業所・取扱店・街のロッカーを受取場所へ指定できる荷物の場合は自宅以外でも受け取る事が出来る様になります。

アプリから再配達依頼をする

スマートフォンやタブレットをお持ちの場合はヤマト運輸の公式アプリからでも再配達を依頼する事が出来ます。
ホームページの時と同様に番号入力後に時間指定、受取場所の指定を設定する事が出来るので基本的な操作は変わりません。

LINEから再配達依頼をする

ヤマト運輸ではLINE用に公式アカウントも作られておりこちらを使っての再配達の依頼が出来ます。
再配達依頼を選択し送り状番号を入力後に受取日時と受取場所も入力して再配達依頼は完了です。
操作自体もLINEを使っている時と同じ感覚で使えるのでLINEに慣れていれば難しい操作をする必要もありません。

まとめ

ヤマト運輸では追跡、集荷、再配達はインターネットだけじゃなく電話1本からでも始める事が出来て非常に簡単です。
ヤマト運輸で宅配便を頼むならこの3つの事は覚えておいて損はありません。
特に荷物次第とは言え再配達で受取場所も変更できるのは利用者からするとありがたいです。
自宅宛の荷物が来るまで家にいないといけないし時間帯によっては仕事の真っ最中や帰宅途中で時間が噛み合わない時もありました。
時間だけじゃなく受取場所も変更出来るなら自分から荷物を取りに行く事も出来るので再配達で届けてもらうよりも手間が掛からなくて済みます。
再配達で時間は指定できるのは他所でもありますが後から受取場所変更できるのは宅配業界では大手のヤマト運輸だから出来たサービスと言えるでしょう。

ヤマト運輸公式サイトこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました