楽器メーカーの高い技術力はヤマハが持つ世界に誇れる宝です

企業

明治時代から続くヤマハは、日本楽器製造株式会社として発足したことから、現在でも日本の楽器トップブランドであって、ピアノ世界販売数1位です。
楽器だけでなく事業の多角化により、バイクやギター・半導体・ゴルフ用品といった分野に進出しています。


スポンサードリンク

ヤマハのバイクは平和利用を目的に作られた

ヤマハのバイクは、1955年に日本楽器製造株式会社の2輪車部門がヤマハ発動機株式会社として独立していて、楽器部門とは別会社となっています。
プロペラ生産技術を平和利用するために、2輪車事業としてオートバイの開発と生産を行い、世界シェア第2位を誇るほどオートバイは人気です。

また、輸送機械の製造や動力ユニットの製造を行っているので、船外機やウォータービークルの販売数世界一の実績があります。
楽器は製造段階で高い精度を求められるために、長年培われてきた高い製造技術をヤマハは持っていました。
オートバイの設計技術だけでなく、高い生産技術も世界的に評価されているので、ヤマハのバイクは世界シェアを高いまま維持できているわけです。

国内向け50ccバイクについては、年々排ガス規制が厳しくなっているために内燃機関を持つ原付バイクは新たなモデルを単独で開発することが困難になっています。
次世代バイクの開発をホンダと業務提携して行うことになった理由は、世界的に厳しくなりつつある排ガス規制の影響です。

ヤマハのゴルフクラブは生産精度の高さがウリ

ヤマハが提供するゴルフクラブは、生産精度が高いことで知られています。
inpresとRMXという2つのヤマハブランドをプロゴルファーに使ってもらえるよう、常に研究開発と営業活動が行われています。

年令を重ねても飛距離を出せることを狙ったinpresは、シニア世代のゴルフ愛好家をターゲットにしているわけです。
一方、アグレッシブに攻めるゴルフを行いたいと考える人に向けて、RMXブランドを用意しています。

スポンサードリンク

男性ほどの筋力が無い女子プロゴルファーに対して、RMXブランドを積極的に使ってもらえるよう営業して、同じ力で飛距離を稼げるようにゴルフクラブの研究を行っているわけです。
楽器製作で培われたごく僅かな誤差調整をしっかり行うことで、多少左右に曲がることがあっても飛距離を出せるゴルフクラブを実現しています。

ヤマハのギターは特徴がないと言われるほど広く使われて定番化している

楽器メーカーとして産声をあげたヤマハは、ギター製造においてもアコースティックギターからエレキギターまで幅広いラインナップを揃えています。
特に楽器の電子化を進めてきたヤマハは、エレクトーン開発と共にエレキギターを演奏する際の周辺機器についても研究開発を続けたわけです。

ベース、アンプ、エフェクターといったエレキギターを鳴らすための周辺機器は、ノイズをいかに抑えて本来の音を出せるかという点が重要です。
ギター本体のデザインはなるべくシンプルかつ弾きやすさを重視しているので、他のメーカーと比較して尖ったデザインをしていません。
ヤマハのギターは特徴が無いと言われてしまうことは、それだけ多くのヤマハ製ギターが世の中で広く認識されているかを表しています。
既にギターといえばヤマハと言えてしまうほど、有名になっているわけです。

楽器メーカーとしてヤマハの高い技術は更に高みを目指している

明治時代から続く楽器メーカーのヤマハ、ヤマハ発動機株式会社が独立する形で分社化したものの、ヤマハロゴを似たデザインで使い続けています。
僅かな製造誤差が発生するだけで音が変わってしまう楽器の生産と開発を続けているヤマハ、ボーカロイドを生み出すなど先進的な技術開発に余念がありません。
世界中でヤマハブランドを冠した製品が普及していることは、高い技術力が世界に認められている証拠です。

ヤマハのコーポレートサイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました