巷で話題のクロックスについてわかりやすくご紹介!

ファッション・美容

夏日が強まる中、巷でクロックスのサンダルを履いてる人を多く見かけるようになりました。
クロックスのブランドが日本中に広まったのはここ数年の間ですね。今回はそんなクロックスについて、代表的な商品説明を交えながらご紹介していきます。


スポンサードリンク

クロックスの代名詞であるサンダル

クロックスと言えば、やはりサンダルが有名ですね。
クロックスのロゴマークがついたサンダルは、若い世代を中心に根強い人気があります。
実は、あのクロックス特有の網目上のサンダルは、クロッグという商品名であり、クロッグ以外にもデザインの異なるサンダルが数多くあります。
クロッグの印象が強すぎて、クロックスはクロッグだけ売っていると思われがちですが、実際は他のラインナップも充実しているのです。

メンズとウィメンズ、そしてキッズ用にそれぞれ種類が分かれています。
シンプルなデザインから、柄がついたファショナブルなものまで幅広くあります。
凝ったデザインの中に、機能性を高める工夫がなされていて、クロックスのこだわりを感じさせます。

クロックスの店舗はどこにあるの?

クロックスの商品を買う際、店舗に赴く必要がありますが、クロックスのお店は一体どこにあるのでしょうか。
クロックスの店舗は、ショッピングモールやアウトレットパークなど、大型商業施設の中にあります。
ただ、クロックスの直営店舗の数は限られていて、近くに大型商業施設がないとなかなか行けないです。
ですが、安心してください。
クロックスの製品は、直営店以外でも販売されています。代表的な販売場所が、ドンキホーテです。
ドンキホーテ内にクロックス専用ゾーンが設けられていて、種類豊富なクロッグが並べられています。

スポンサードリンク

日本中の若者がクロックスのサンダルを履くようになったは、直営店以外での販売が1つの要因と言えます。
商品入れ替え等で、安価に購入できることもありますので、近くにドンキホーテがあったら要チェックです。

以外と知られていないクロックスの長靴

クロックスと言うと、サンダルばかりに目がいってしまいがちですが、実は意外なものも販売しています。
それは、長靴です。
英語圏ではレインブーツと呼ばれています。
クロックスの長靴は、ショートブーツ型とロングブーツ型の2つに分かれています。

日常生活で使うことを想定して、そこまでテカりが強い素材は使われていません。
どんな服装にも合わせやすい色合いとなっています。種類自体はサンダルと比べて多くはありませんが、柄やフォルム等に工夫がされていて、シンプルかつおしゃれです。
キッズ用のカラフルな長靴もあります。
一見するとクロックスの製品とは分かりづらいですが、知る人ぞ知るこだわりのある製品と言えますね。

クロックスの製品、店舗のまとめ

クロックスの製品は、代名詞のサンダルをはじめとして、日本中に広く浸透しています。
特に、夏の間は、街を歩いてると必ず1人はクロッグを履いてるほどです。
若者の間で流行っているクロッグですが、他の世代の間でも普段使いでの利用が広がっています。
クロッグ以外にも、長靴などの製品も販売していて、クロックスのラインナップの豊富さが伺えます。
クロックスの長靴は一見するとクロックスの製品とは分かりづらいので、もしかしたら身近の人がこっそり愛用しているかもしれません。

クロックスの店舗は大型商業施設の中にありますが、近くに商業施設がなくても、ドンキホーテ等でクロックス製品が販売されています。また、Amazonなど通販で購入することも可能ですので、直営店に行けなくても安心です。

夏真っ盛りの季節、クロックスの製品を使っておしゃれに、そして快適に過ごしていきましょう。

クロックスの公式オンラインショップはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました