安いだけじゃない、満足度が高いアイウエアブランド「JINS」

ファッション・美容

JINSは値段の安さが人気のアイウエアブランドです。「4,990円」5,990円」「7,990円」「9,990円」と4プライス展開となっていて、分かりやすいところも長所。
安いからといって品質が悪いわけではありません。品質は落とさず、個性あるメガネやサングラスを販売しています。


スポンサードリンク

JINSのメガネの特徴

JINSのメガネの一番の長所は値段の安さ。
他店よりも安く作ることができます。

これまでは、値段が安いメガネは非球面薄型のレンズなどの良いレンズを入れると、値段が一気に上がってしまうのが短所でした。
JINSでは、フレーム、薄型非球面レンズ、ケースの3点セットでの値段になっています。
安いと思っていたけれど、最終的に値段が上がってしまった、という失敗を防げます。

レンズは、どの薄さでも追加費用は0円。
薄型レンズも、非球面レンズもUVカットレンズも、0円。
ブルーライトカットレンズのような特殊レンズはオプションになりますが、基本的にお店で表示されている値段だけでメガメを作ることができます。

品質にも妥協がなく、素材や機能に強いこだわりがあります。
それがよく表れているのが、「エアフレーム」。
軽くて強度もあり、デザインもおしゃれと好評です。

アフターサービスもしっかりしていて、フレームの品質保証、レンズの見え方保証がついています。
ノーズパッドや丁番ネジの交換も無料で行ってくれます。

日本人にピッタリのJINSのサングラス

メガネの印象が強いJINSですが、実はサングラスも高い評価を得ています。

種類が豊富で、自分が使うシーンに合わせて選べるのがポイント。
普段のメガメと同じように使いたいなら、紫外線99.9%カットするCLEARLENSシリーズ。

女性でおしゃれに使いたい人は、COCKTAILシリーズ。

トレンド感を出したい人は、BOLDシリーズ。

クラシカルな雰囲気が好きな人は、BRIDGEシリーズ。
他にも商品数が多く、選ぶのに困ってしまうほどです。

スポンサードリンク

JINSは日本のブランドなので、日本人に似合うようにデザインがされています。
サングラスは似合わないから苦手、という人でも、自分に合った1本が見つかるはず。
店舗ではスタッフがサングラス選びのアドバイスもしてくれますよ。

JINSはオンラインと店舗、どっちで買うと良いの?

JINSでは実店舗だけでなく、オンラインショップがあるので、自宅にいながらメガネやサングラスを購入することができます。
度入りのメガネを作る時は、度数を測定する必要があります。
初めてメガネを作る人は流れが分からないので、実店舗で作った方が安心かもしれません。

ただ、忙しくてお店に行く時間がない人や、すでに自分のメガネの度数が分かっている人はオンラインでも全く問題なく作ることができます。
フレームを選ぶ時は、サイズ感が気になりますが、レンズ幅、ブリッジ、レンズの高さ、テンプルの長さが記載されていて、商品画面の「サイズをチェック」をクリックすると、自分が今使っているメガネとサイズを比較することができます。

度数の指定も、眼科で度数情報を作って入力したり、現在使用中のメガネの度数指定をしたりすることができます。

また、「自分のメガネを送ってらくらくオーダー」を選択して使用中のメガネを送ると、同じ度数でメガネを作ってもらえます。

フレームはオンラインで買いたいけれどレンズは店舗で入れたい、という人は「レンズ交換券」を店舗に持っていけば無料で度付きレンズの交換をしてもらえます。
これだけの方法があるなら、安心ですね。
アフターフォローも店舗購入と同じサービスが受けられます。

JINSは安さがウリだけど、それだけじゃない!

値段の安さに注目されがちですが、デザインや品質にも強いこだわりがあり、満足度が高いアイウエアを購入することができます。
アフターフォローもしっかりとしているし、オンラインショップのサービスの充実ぶりも見逃せません。
気になる人は、お店をチェックしてみてくださいね。

JINS公式サイトはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました