蒙古タンメン中本は辛さを中心にしたメニューを提供するラーメン店

グルメ

激辛スープと太麺、辛子麻婆豆腐などのトッピングに特徴を持つのが「蒙古タンメン中本」です。
強い辛さと旨味の独自性のあるラーメンを提供する人気店であり、またそれを再現したカップラーメンもコンビニなどで販売されています。


スポンサードリンク

蒙古タンメン中本の歴史について

蒙古タンメン中本の前身は、中本正が東京の板橋区で開店した「中国料理中本」です。
1968年に創業された中国料理中本は、創業者の辛い料理への取り組みの結果もあって人気店に成長していきました。
特に辛さが特徴の蒙古タンメンが人気メニューになりました。
その後、創業者の健康上の理由から店は閉店しましたが、その店のファンであった白根誠(現在の蒙古タンメン中本の社長)によって味が受け継がれました。

中本の下で修行をした白根は「蒙古タンメン中本」として店を再開し、現在は「誠フードサービス」が各店舗の運営を行っています。
蒙古タンメン中本は、各店舗において辛いメニューを中心に提供しており、独特なメニューのネーミングと刺激的な辛さによって全国にファンを持つラーメン店になっています。

蒙古タンメン中本には様々なメニューがあり辛さの度合いにも違いがある

蒙古タンメン中本の代表的なメニューは、「味噌タンメン」と「蒙古タンメン」です。
味噌タンメンは辛さを控えめに作っているため、辛さに慣れていない初心者が蒙古タンメン中本を利用する際に利用しやすいメニューになっています。
味噌タンメンは、多くの野菜を長時間にわたって煮込み、中本秘伝の味噌と唐辛子を加えたスープです。
辛みと甘みの一体感を味わえるメニューになっています。

蒙古タンメンは、味噌タンメンに中本秘伝の辛子麻婆豆腐を加えた人気ラーメンであり、中本独特の辛さを味わうことができます。
麺の大盛や特大、麻婆豆腐の大盛、野菜大盛にすることも可能です。

スポンサードリンク

メニューは、温かいタンメン以外にも冷やしタンメンもあり、また定食や丼もののメニューが用意されています。
セットメニューやお弁当もあります。
辛さが苦手な人や子供向けに、辛さ0のメニューも存在します。
辛さのレベルは0から10まであり、0は全く辛さなく味わうことができ、10は激辛のため選択する際には注意が必要です。

蒙古タンメン中本はカップラーメンとしても販売されている

蒙古タンメン中本は、カップラーメンとしても販売されています。
「蒙古タンメン中本辛旨味噌」としてセブンイレブンやイトーヨーカドーで販売されており、一般向けに店舗よりは辛さを抑えた商品になっています。
具として豆腐もトッピングされており、その他にも豚肉、人参、キクラゲといった具が充実しているのも特徴です。
麺は太麺で、別添えに調味オイルがついています。
一年を通じて購入することが可能です。

また、夏季限定品として「蒙古タンメン中本北極ラーメン」も発売されています。
蒙古タンメンの中でも最も辛い北極ラーメンをカップ麺で味わえる商品です。
北極ラーメンのスープは辛旨味噌に比べて赤みが濃く、辛旨味噌よりもさらに辛い味を求める消費者向けの蒙古タンメンです。

まとめ

蒙古タンメン中本の店舗は、 東京、千葉、埼玉、神奈川にあり、関東地方のみになっています。
しかしその独特の味わいから全国に中本のファンが存在しています。
蒙古タンメン中本のカップラーメンも実にクオリティーが高く、できるだけ店舗と同じ味わいに仕上げようとする努力が伺えます。
蒙古タンメン中本は、辛さ好きの人にとってやみつきになる味であり、またそのこってりとした旨味も独特のものです。
また様々なタンメンのメニューに加えて、ご飯もののメニューも充実しており、 定食や丼ものなど幅広いニーズに対応しています。
お弁当として持ち帰りも可能なため、自宅で中本の味を楽しむこともできます。

蒙古タンメン中本の公式ホームページはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました