イープラスを使いこなそう!チケット申し込みから手元に届くまでの流れをご紹介

インターネット

音楽ライブ、野外フェス、演劇、野球観戦、展覧会など、チケットを購入してから見に行くイベントは、意外と多いものです。
そこで気になるのは、チケットの購入方法です。
ほとんどのイベントで、直販やチケット販売会社経由などいくつかの購入方法が選択可能です。
逆に、これがチケット購入希望者からすると、迷ってしまうのものです。
そこで、ここではチケット販売最大手とも呼ばれる、「イープラス」でのチケットの購入方法をまとめてみました。


スポンサードリンク

「イープラス 買い方」

まずは、どうやって買うかを紹介します。
大きく分けて、インターネット経由で買う方法と、コンビニ店頭で買う方法があります。
最初はインターネット経由での購入方法を説明します。
まずは、イープラスのウェブサイトに行き、無料の会員登録を済ませます。
会員になったら、ホーム画面左上のほうにある検索バーから、希望の公演名を入力して検索します。
すると、検索結果が表示されるので、希望の公演名・公演日時を確認してクリックします。
すると申し込み画面に移っていくので、希望の支払方法や受取り方法を選択してください。
これで、申し込みは終了です。

一方、ファミリーマートにある、ファミポートという機械でも申し込みができます。
まず、ファミポートの画面にある「チケット」のマスを押し、次に「探して買う」を選んで希望の公演名を入力します。
検索結果一覧の中から、希望の公演と日時を選んでタッチすると、公演詳細ともに希望の支払方法や受け取り方法を選択する画面に移ります。
すべての入力が終了すると、「Famiポート申込券」というレシートが出てきます。これを30分以内に店頭レジに提出すれば、購入完了です。

「イープラス 発券」

さて、チケットを買う事まではできましたが、インターネットや店頭機械による購入なので、実物のチケットはまだ手元にないはずです。ここでは、購入完了からチケット発券までの手順を説明します。また、インターネット経由であろうと、店頭(ファミポート)経由であろうと、発券方法や手数料に大きな違いはありません。

1)紙チケットをコンビニに受取りに行く
2)紙チケットを配達で受取る
3)電子チケットをスマホで受取る

の3つの選択肢があります。

スポンサードリンク

どの方法を選んでもチケットは必ず手元に届くので、ご自分のライフスタイルにあわせたもので良いかと思います。
ちなみに、3)電子チケットとは、専用アプリからチケットをダウンロードすることで発生するチケットです。
なので電子チケットを受け取る前に、イープラス専用のアプリをダウンロードして会員登録をしておく必要があります。
今までの紙チケットと同様に、入場時にスマホのチケットダウンロード画面を見せることで、入場が可能になります。
スマホやタブレットのみに対応しており、いわゆる「ガラケー」では受取りができないので、注意が必要です。

「イープラス 手数料」

イープラスではチケットを購入した場合、様々な場面で手数料が発生します。申し込み時に選択した支払方法やチケット受け取り方法によっても手数料が変わってきます。
まず、支払方法に関する手数料ですが、クレジットカード払いならば手数料は無料です。
しかし、コンビニ、ATM、ペイジーによる支払方法では、1件につき216円の支払手数料が発生します。
チケット受取り方法の種類別でも手数料の発生に差額が出ます。
受取り方法種類には、

1)紙チケットをコンビニに受取りに行く
2)紙チケットを配達で受取る
3)電子チケットをスマホで受取る

の3つがあると記載しました。

このうち、1)の場合は、1件につきシステム利用料金216円と発券手数料108円が発生します。
同様に、2)では1件につき配達料とシステム利用料金として1080円が、3)では1件につき0~216円のシステム利用料金216円が発生します。

また、チケット配達後に住所変更があったり、不在が長引いてチケットがイープラスに戻ってきてしまった場合などで、再配達を希望した場合には、追加配送料(700円~1700円(税別)※離島は別料金)が発生します。

まとめ

イープラスでチケットを購入する際に知っておきたいことをまとめてみました。
一見難しそうですが、やってみたら意外と簡単だったという意見が多く見られました。
気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

イープラス公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました