ヨドバシカメラではネット通販も利用してポイントをしっかり貯めよう

家電

ヨドバシカメラといえば、ついつい口ずさんでしまいたくなるCMソングが有名ですね。
こちらではヨドバシカメラの代名詞であるポイントについてと、利用頻度が高くなっているネット通販であるヨドバシ・ドット・コムについて紹介します。


スポンサードリンク

カメラ店から家電量販店になったヨドバシカメラ

ヨドバシカメラは全国で23店舗営業している家電量販店チェーンです。
ヤマダ電機、ビックカメラ、エディオングループにつぐ4位の売上となっています。

創業時は名前が示すとおりカメラ等の写真用品を中心に販売していましたが、現在では店舗名にマルチメディアを冠して、カメラだけでなく、家電やパソコン、ブランド品、日用品、書籍など幅広い商品を取り扱う大型の店舗がほとんどとなっています。
関東地方に多く店舗がありますが、北海道・東北・中部・近畿・九州にも出店されています。いずれの店舗も駅前のアクセスの良い場所にあります。

テレビCMや館内放送で有名なヨドバシカメラの歌ですが、もともとは「リパブリック讃歌」というアメリカの民謡の替え歌で地域によって歌詞のアレンジが異なっています。

日本初のポイントカードはヨドバシカメラから

今では多くの家電量販店で使われているポイントカードですが、ヨドバシカメラが初めてポイントカードを導入したと言われています。
ヨドバシではゴールドポイントサービスと呼ばれており、ゴールドポイントカードに入会することで、購入した商品の金額に応じてポイントを貯めることができます。

スポンサードリンク

ポイント還元率は現金払いや各種電子マネーの場合は10%となっています。クレジットカードでの支払いの場合は8%と獲得できるポイントが少なくなっているので注意が必要です。ただし提携クレジットカードであるゴールドポイントカード・プラスでの支払いの場合は11%とお得になっています。

貯まったポイントは1ポイント=1円で支払いに使うことができますが、貯めたポイントには有効期限あり、最後にポイントカードを利用してから2年間となっているため、頻繁にヨドバシカメラで買い物をしない方は気をつけなければいけません。
ポイントカードはヨドバシカメラの店舗で簡単に入会することができます。

ヨドバシは通販も便利

都市部にしか店舗のないヨドバシカメラですが、ヨドバシ・ドット・コムというネット通販も行っています。

実はネットショップとしては国内では、アマゾンに次ぐ売上となっています。
ネットショップも店舗と同様に幅広い商品を扱っており家電等だけでなく日用品や食品なども購入することができます。
会員登録して買い物をするとポイントを貯めることができ、先述のゴールドポイントと共通して利用することができます。

ヨドバシ・ドット・コムでは配送料が原則無料となっています。
さらに東京23区では「ヨドバシエクストリームサービス便」と呼ばれる最速で6時間以内に商品が届くサービスも提供されています。

また、「店頭お取り置きサービス」という制度があり、自宅などへの配送だけでなく、受け取りに指定したヨドバシの店舗で受け取ることもできます。
その際店頭とヨドバシ.comでの価格に差がある場合は、安い方の価格で購入することができます。
一部の店舗では店舗の営業時間だけでなく24時間商品の受け取りができる窓口が設置されています。

まとめ

ヨドバシカメラのでは様々な商品が数多く取り扱われています。
店舗では商品を比較検討して購入する楽しみがありますし、ヨドバシ・ドット・コムはネット通販なのでじっくり選んで購入することができます。
店頭お取り置きサービスといった面白いサービスもあるので利用してみるのも良いかもしれません。
どちらの場合もしっかりポイントを貯めてポイントを活用して買い物をしましょう。

ヨドバシカメラ公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました