環境保護活動に取り組むイオンは地域密着型店舗を目指している

趣味・レジャー

郊外に数多くのショッピングモールを出店しているイオンは、四日市岡田家により作られた巨大小売店です。
7代目の岡田卓也氏がアメリカのショッピングモールに感化されて、「狐や狸が出る場所に出店せよ」という指示通りに郊外型店舗を数多く持ちます。


スポンサードリンク

イオンはWEBチラシに力を入れている

新聞購読者数が偏向報道の影響とスマートフォン普及により急速に減少する中で、イオンは紙媒体で発行するチラシからWEBチラシへと移行を進めています。
東証一部上場となり、環境保護活動に力を入れる中で森林資源を大切にするためにもチラシのデジタル化を推進したわけです。
イオンでは火曜市として専用チラシを別途作成して配布していますが、デジタルチラシならば通常版に加えて複数枚のチラシを作成しても配布コストが掛かりません。

また、イオンチラシアプリを開発して提供することで、お気に入り店舗としてよく立ち寄るイオン店舗を登録しておけば、最新チラシを常に配信してくれる利便性の高さがあります。
また、会員向けの専用チラシを配布しているので、こまめにチェックするだけでお得に買物が出来ます。

イオンの自転車コーナーは販売から修理までを総合的に受付してくれる

イオンにはイオンバイクと呼ばれる自転車販売・修理を行うコーナーを設置している店舗があります。
地元で昔ながらの営業を行っている販売店が減少する中で、電動アシスト自転車や幼児を乗せるために強化したフレームのママさん自転車など自転車は種類が増えている状況です。
ホームセンターによくありがちな販売店としてのみの扱いというスタイルではなく、自転車整備が出来る専門スタッフを常駐させることでアフターケアまで充実している点が地域密着型と呼ばれる所以です。パンク修理の回数を抑えるために、パンクに強いトップバリューブランドの自転車を開発して販売しており、オートLEDライト搭載により無灯火を防止します。

スポンサードリンク

大型店舗ではスポーツタイプの自転車も取扱があるので、クロスバイクやロードバイクを購入する際に専門店が近くに無くてもエントリーモデル程度ならば購入可能です。
キッズ向け自転車からスポーツサイクルまで幅広い品ぞろえを用意出来ることは、イオンの共同物流網を使っているからこそです。

イオンの店舗はGMSとスーパーの2業態

イオンの店舗は、GMSと呼ばれる総合スーパーとしてジャスコ・マイカルサティ・ポスフールが統合されて出来たタイプと、食品専門館としてスーパーマーケットタイプの2種類に分類されます。
イオンモールとして広大な敷地面積に大型複合ショッピングモールとしてサービス展開する際にも、GMSとスーパーのどちらを出店させるか決めて運営している状況です。

郊外型ショッピングモールでは、1,000台~数千台に渡る広大な駐車場を備えて映画館や専門店街を含んだ総合的な店舗となります。
住宅地の近くでは、身近な食品スーパーマーケットとして小型店を出店させることで、郊外型ショッピングモールとの差別化を図っているわけです。
どちらの形態が地域に適しているのか、綿密な調査を行った上で出店しているので、比較的近距離でイオンモールと食品スーパーイオンが互いの店舗屋上から見えることもあります。

環境保護活動を行いながら地域密着のイオンを目指す

イオンの店舗は、駐車場が広く複合ショッピングモールの業態が多いことで知られています。
「狸や狐の出る場所に出店せよ」という岡田卓也氏の言葉でも有名なように、地方の広大な敷地を活かした複合ショッピングモールは、地域を活性化させることに大いに役立っている状況です。
しかし、洛南店を始めとする一部店舗では、周囲の景観に配慮する形で出店を行うなど、地元の声を店舗運営に活かしている所もあります。
地域密着型で出店することは、地方在住者にとって生活の利便性向上という点で大いに役立っているわけです。

イオン九州公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました