日本国内メーカー:ソニーが世界と戦う端末 エクスペリア(Xperia)

エクスペリア パソコン・スマホ

エクスペリア(Xperia)といえば、ソニーのスマートフォンです。
以前はたくさんあった日本国内メーカーの携帯電話端末も、今は限られたメーカーからしかリリースされなくなりました。
その中でも老舗ブランドの一角として、今でもこだわりの機種を出し続けているのがエクスペリアです。
この記事では、そんな現在のエクスペリアについて紹介していきます。


スポンサードリンク

【2018年版】十分現役で使えるエクスペリアの機種

エクスペリアのスマートフォンは2008年に販売された「Xperia X1」が始まりで、今年2018年も新機種「Xperia XZ2」が発売されました。
iPhoneに並ぶ長寿シリーズです。
さて、そんなエクスペリアの機種の中でも、2018年でもまだ現役で使える機種をピックアップして紹介いたします。

Z3シリーズ

2014年リリース。ハイレゾ音源に対応です。RAM3GB ROM16GBと、現在販売されている格安スマホ並みの性能ですので、使い方によってはまだ現役でしょう。

Z4シリーズ

2015年リリース。4K動画撮影、PS4リモートプレイなど、ソニーらしいデジタルエンタテインメントにこだわりを見せた端末です。RAMは3GBとZ3より据え置きですが、ROMは32GBと倍の容量になりました。

Z5シリーズ

おなじく2015年リリース。こちらはいわゆる冬モデルです。Z4からカメラの性能が良くなり、指紋認証が追加されました。

X PerformanceとCompact

2016年リリース。さらにカメラが強化されました。CompactはPerformanceと同等の性能ながら小型化したもので、大きい端末は好きではないというユーザーに向けてリリースされたものでした。

XZシリーズ

2016年から2018年に発売されていて、現行のシリーズとなります。機種によってはRAMが4GB、ROMが64GBと高性能化が更に進んでいます。

まとめると、あまり性能にこだわらないという人であれば、Zシリーズでもまだ現役、ミドルスペックからハイスペックが良いという人は、Xシリーズ、XZシリーズが良いでしょう。

エクスペリアが対応するキャリア

以前はdocomoのみという端末もありましたが、現在はdocomo、au、SoftBank、それぞれで端末が発売されています。
格安SIM系でも対応を保証する会社も増えてきました。
各キャリア向けに、実装されている周波数に違いがありますので、中古端末を購入される時には注意が必要です。

スポンサードリンク

例えば、docomo版の端末に、SoftBankのSIMを挿し込んで使用すると、使えないことはないですが、通信が安定しない、速度が出ない、ということは起こりえます。
元々中古端末を使う時は、互換性などの問題は自己責任の世界ではありますが、注意が必要です。これはエクスペリアに限ったお話ではありませんが…。

エクスペリアはトラブルが多い?

利用ユーザー数が多いシリーズだからでしょうか。ネットではトラブルが多いという報告が散見されます。

・タッチしても反応がなくなる
・音楽再生中に突然止まる
・温度上昇でカメラが使用不能に
・充電の持ちが悪い

スマートフォンではどの端末でも起こり得ることではありますが、特にエクスペリアは、マニアやヘビーユーザーを意識したハイエンドな作り込みをしてくる、勝負をしかけてくる性格を持った端末で、ファンの温度感も高いので、どうしても厳しいレビューや報告が多くなるのではないでしょうか。

エクスペリアはその性能の割に電源の容量が少なかったり、カツカツだったりしますので、その影響は少なからずあるのかもしれません。

ソニーの強みが凝縮されたエクスペリア

エクスペリアはソニーの持つ強みが凝縮された面白い端末です。
2014年頃では珍しかったハイレゾ音源にいち早く対応し、カメラ機能でも常にトップクラスの性能にこだわっているようです。端末のデザインも、iPhoneに負けないくらいおしゃれでスタイリッシュであり、ボタン1つ1つにもこだわりを感じます。
実際に手にとった時の質感の良さは、所有欲を満たしてくれるすばらしいものでしょう。
XZシリーズでは、サイズ違いを3種類も発売するところに、ユーザーそれぞれのこだわりに対応していこうという姿勢も感じます。
しかし一方で、中国、台湾、韓国メーカーの台頭が著しく、エクスペリアと同等、あるいはそれ以上のものが、エクスペリアよりも安価でリリースされるようになってきています。
その影響を受けてか、ここ2年ほど販売台数では苦戦しているようです。
ここで日本国内メーカーの老舗として、どんな独自性を発揮していってくれるのか。それが楽しみな面白いシリーズです。

ソニーモバイル公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました