DODAは転職サイトとエージェントを兼ね備えている

就職・転職

転職情報誌としてスタートしたDODAは、転職サイト及び転職エージェントとして公開求人から非公開求人まで扱うようになりました。
近年はキャリアコンサルタントとして各企業と転職者を結ぶ業務も行っており、雇用のミスマッチを防ぐ役割を果たしています。


スポンサードリンク

DODAは転職専門誌から転職専門サイトへの変化している

1989年に創刊された転職専門誌DODAは、学生援護会が発行している転職専門誌でした。
インテリジェンスとの合併とインターネットの急速な普及により、転職専門誌から転職専門サイトへの変貌を遂げており、求人掲載だけには留まらない幅広い業務を行っています。

転職情報サイトは、各企業が掲載した求人情報へ転職希望者が直接応募して広告掲載料金により収益を挙げるビジネスモデルでした。
しかし、DODAでは更に一歩進める形で企業と転職希望者を結びつけるエージェント業務にも着手したわけです。
IT・エンジニア系の求人数が多く、転職に対する世の中の意識が変化したこともあり、特殊な転職求人情報の取扱も行うようになりました。
非公開求人としてDODAには掲載されずにエージェント経由で紹介される形式の求人も複数受け持つ状態となっています。

DODAのエージェントはキャリアコンサルタントも行っている

転職専門誌から転職サイトへと変貌を遂げたDODAは、競合他社からの転職や異業種からの転職に対しても積極的な取り組みを行っています。
企業から依頼された求人情報を会員向けに単に提供するだけではなく、転職希望者に対して専用エージェントが付いてキャリアコンサルタント業務も兼ねるわけです。
転職に失敗する原因の1つとして、今までの就業経験を新たな転職先へ活かすことが出来ずに、企業側が求めている人材とのミスマッチが生まれやすくなる点が挙げられます。
新たに覚えることが多いと大変だから同じ業種で転職したいという消極的な転職では、キャリアアップに全く繋がらずに面接先からの評価を得にくい状況となるわけです。
専用エージェントが転職希望者に対して個別に連絡を取り、今までの転職実績から考えられる理想の転職先業種や職種についてアドバイスを行えます。

スポンサードリンク

最終的には本人次第ですが、キャリアアップを一緒に考えてくれる専門家が付くと考えれば心強いはずです。

DODAには常時開催されているセミナーがある

転職エージェントとしてDODAが高い評価を受ける背景には、全国各地で開催されるセミナーの存在があります。
新卒で就職する際にセミナーに参加したり、自己分析を経験した人ならば、セミナーを受講することで転職時の考え方を切り替えるヒントが得られることが分かるはずです。
転職を行った先にある未来は、自分で掴む必要があるので消極的になりがちであったり、つい受け身になりがちな転職活動を能動的に乗り切るために必要な知識と考え方が身に付きます。
新卒採用時の面接とは異なり、転職時には即戦力としていかに素早く業務遂行出来るかが重要です。
面接を突破するための心構えやテクニックを豊富な経験からDODAが専門講師を招いてセミナー開催してくれるわけです。
中にはDODAのベテランエージェントが実体験を基に話すことも多いので、転職時に大いに参考になります。

圧倒的な求人数と転職実績が非公開求人を集める

DODAが転職サイトの中でも特にITや技術系業種の支持を広く受けている理由として、転職者が入社後に幅広い活躍を見せていることが挙げられます。
一度転職者を採用した企業が、また次回もDODAに依頼する流れがループした結果として、非公開求人を数多く受け持つ転職エージェントをDODA社内で多く抱えることに繋がるわけです。
エージェントの眼鏡に適った人材に対して、好条件の非公開求人を提案すれば、更に依頼先企業は満足する流れです。

DODA公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました